目標達成は簡単そうだからではなく、難しいからこそ追求しよう! 大失敗を恐れない者だけが、偉大な事を成し遂げる。

2013年8月16日金曜日

自民党の「重点政策2012」に対してのエッセー、第五巻、終了

第四巻に続いて、自民党の重点政策2012に対してのエッセーの最後として、第五巻を発表します。
ここでもう一度強調します: 批評しているのは、日本という国とか日本人ではなく、あくまでも自民党の政綱やその政策です。日本の事を好意的に見ているからこそ、言っているだけです!


僕の暫定結論

   見出しをなぜ「暫定結論」と名乗ったかと言うと、それは簡単に説明できる。後に、歴史になる、今の政治は常に動いており、展開している。それに、自民党の当パンフレットを読んでいる内に、僕は自民党の「憲法改正草案」にも非常に興味を持つようになって、この文章をここで終わらせなければ、迂闊その草案も分析し、それぞれの改正項目についての自分の見解も表したくなりそう。それに、そこでの問題は何かというと、草案も、当パンフレットも部分的に曖昧で、はっきりした発言にかなり欠けているので、具体的に理解するのに、日本の戦後の政治に詳しい人との相談無しでは、意見を書いても仕方がないと思われる。当パンフレットの中には、何回も、何かを「進める」、「目指す」、「創設」、「展開」、「達成」する等などという様な意思通知ばかりが書いてあるが、どうすればそれを実現できるかが定義されていない。選挙戦で配られる、当パンフレットみたいな書物にはそんな定義は到底期待されていないと党の戦略者は考えていただろうが、いや、返って、それこそ望んでいる人もいるよ、と呼びかけたくなる。日本に悪いかもしれないが、ヨーロッパの投票者はこんな曖昧さを寛大に許さないと思われる。楽園を約束している党又は政治家は一番疑わしく思われる。ヨーロッパでの民主主義の歴史の方が日本より永いからであろうか。もう一つ、日本の方が、「上様に任せよう」、「上様は専門家だから、やってもらおう」という考え方が未だに残っているのだろう。日本の投票者はヨーロッパの人ほど詳細を知りたがらないという社会現象もあるかもしれない。従って、パンフレットは曖昧でいいと多くの人は考えると推定ができる。
史上最高に膨大な赤字で、そうなの?

   政党・政治家はそれとは別に、もう一つの社会現象を狙っているかもしれない: ルックス。ルックスで投票を決める人は誰もが思うよりもいっぱいいると思われている。数年前のドイツの選挙で、「なぜAさんに入れたか」と僕の母に訊いてみたら、「だって、彼の方が見栄えがいいから」と答えられた。「お母さんから投票権を没収した方がいいと思うよ~」と僕は母に、冗談交じりで言い返したが、実はこれはどこにだって、実際にある現象であろう。政党の戦略部と、今時選挙時に雇われる宣伝会社の専門家達がこの事実を何よりも良く知っている。安部総裁の若作りの顔をパンフレットで調べたら、「若いね」という反応を起こしたがっているのがよく分かる。インタネットーで安部総裁の真の顔を調べたら、結構しわがあるというのがすぐに見えてくるが、パンフレットの写真での顔肌は結構綺麗で、58歳にしてはつるつるしているような印象を受けさせる。僕にとって、これも投票者への誤魔化しである。

   自民党のパンフレットを読んだら、ドイツ人である僕は度々違和感を覚えた。30年ぐらい前に知るようになった日本には、自民党が考えている政策が全部実現したら、日本は日本でなくなり、全く別の「仕組み」になる。どれだけ変わるかというと、僕が夢で時々見ている「老後の日本での生活」は考えられそうにもなくなるという程度ぐらいである。そんな怖い国に住んでいられるとは到底思えないと実に心配するようになる。

   事実上の「愛国主義の強化」も恐れるべきことであると思われる。一つの効果は、軍国への逆戻りの危険を招きそう。もう一つは国家主義の復元を呼びかけているような感じがする。愛国主義には二種類がある。一つは国内的だけに効いていて、自国を尊敬する目的を持っているタイプ。それはそれでいい。だが、国外的に効いており、外国への憎しみまで及ぶ第二の種類もある。戦争が終わって68年経った今の日本にはこんな状況は望ましくないと思う。日本は島国なのに、隣国との最大限の協力無しでは生きていられないと自民党では充分に自覚されているかどうかは非常に僕の心配の種になっている。自民党は天皇を「国の象徴」から「元首」に戻そうとも思っている様である。憲法論に詳しい方に尋ねてみれば、元首にしようとする天皇には、ただ単に象徴の役割に過ぎない権限だけでは足りなくて、象徴よりもずっと幅広い権限を与えなくてはならないことになる。首相や国会の権限を減らそうと思っているだろうか。あと、自民党が日本に大日本帝国憲法を復元させようと思っているのだろうか。隣国との摩擦は目に見えてくる感じから逃れない。

   先ほど、理由も無しの様に、「日本は日本でなくなる」恐れがあると言っていた。この発言の背景にはちゃんと根拠もある。自民党はパンフレットの通り、日本の社会を全面的に変えようとするだけでなく、彼らの憲法改正草案の規模も半端ではない。憲法改正草案をじっくり調べたら、変わらない条項は一つもない。ところで、なぜあんなに沢山の条項を一気に変更すべきかという質問に対して、自民党がいわゆる「憲法改正草案Q&A」という書物で市民にこう答えている: 日本の憲法は戦後一切変わっていない。他の先進国をそれと比べている中で、幾つかの国がリストアップされている。そこでは思いの他ドイツでの憲法改正数が一番多いという結果が分かる。ドイツの憲法改正数は50個以上で確かに結構多い様だが、ドイツにはここ23年の間、三つのとても特別な出来事があった。再統一という、国の歴史で最大の出来事である事情も成し遂げる必要があったし、ヨーロッパ連合の創立に並んで、ユーロの導入もあった。その他にも沢山の、ドイツは憲法改正の対称になる羽目に会った。日本は確かに一度も変えたことがないとすれば、それは非常に少ない様だが、返って、憲法は充分に良くできているからこそ、変更する必要はなかったという事を考慮する価値があるかもしれないじゃないでしょうか(いくらアメリカが強制的に日本にそれを命じたにしても)。いずれにしても、少し大袈裟に言えば、全ての条項を一気に変えるのがクーデタに近い様な気がする。それを執行する一般人・社会人もいないし、もし全部一気に執行しても、国の仕組みが滅びる心配が生じる。徐々に、一個一個、少しずつ、社会のあらゆる参加者と一緒にじっくりとそれぞれの考察のあり得そうな結果も調べてみるだけで、最終的に有意義な結果になると思う。とにかく、何があっても、憲法改正の面における革命的な行動をどうしても止めて欲しい。   
   
   日本の今の状況の責任を持っているのが、今回の憲法改正草案を出した、しかもここで提出した政策パンフレット、「重点政策2012」と同じグループ、自民党である。なぜなら、戦後90%以上もの年月において、政権を握っていたのだから。この責任を持っている政党は、高々3年間の野党時代にオールマイティーになったとはとてもとても信じがたい。どうやら、自民党が約束しているあらゆる項目は苦肉の策という感じがする。現実的なプログラムを作るよりも、どうやって一刻も早くまた政権を握れるかがポイントだったらしい。

   この文章を書いている内に、2012年末の選挙は自民党の圧勝で終わっている。史上最大規模の脱原発デモを体験した日本の国民はよく、原発を支持している自民党を選んだなぁと、西洋ではみんなが不思議に思っている。パンフレットの内容とは別に、これも心配の大きな種・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

五つに別けて投稿したエッセーに対して僅2週間で100個ぐらいのコメントが入ってきた。
時間の問題で、今回は文章にてではなく、ビデオに僕のそれに対して見解を収録した。
こちらへどぞ・・・・・ 文章の変わりに、一度このビデオをご覧ください・・・




44 件のコメント:

  1. 民主党が与党になった時、知り合いの中小企業の社長さんは大きな期待を持って喜んでいました。が、僕は”何も変わりませんよ、革命でもないと無理無理!” と水を差してしまいました。

    茹で蛙の状況ではなにもできないですね。間違った方向に暴走している牛の群れの中でわずか数等が正しい方向に向いても群れに押されてしまう... 大阪市長波の波乱の起こし方でもまだまだ不十分。でも今回の安部さんは本気のような気がします。でも群れに流される...

    返信削除
  2. ロルちゃん、さすがの洞察です!
    確かにこの憲法改正は自民党自身によるクーデターですね。

    おそらく日本人のほとんどは政治家を信用していない。
    でも、政治はお上におまかせしてしまう。

    東電のことを誰も信用していない。
    でも、電気は東電をはじめとした電力会社にまかせてしまう(独占を是認)。

    これが変わらないことには権力者のやりたい放題です。

    自民党はサイアクの選択肢でした。そして実際に自民党に投票した割合は意外に低いのです。国民もそれほどバカじゃあないんですね。
    それでも選挙制度のからくりと対抗馬不在によって自民党が圧勝する形になってしまいました。
    だからと言って自民が馬鹿げた政策をしたい放題にできるわけではないと思います。憲法改正(正しくは改悪)はおそらくまだ相当な期間は不可能でしょう。よって軍国化もそうすぐにはならないと思われます。ただし、あらゆる手を使って国民の手足をしばり、自由を奪う方向に実際に進んでいるのは確かです。時間の問題かもしれません。

    返信削除
  3. 全部読ませていただきました。
    私の感想ですが、ドイツに住んでいるロルちゃんには理解できないだろうというのが
    私の感想です。
    そしてドイツを日本よりすべてがすばらしい国だと勝手に思っている方たちも。
    もちろんドイツはすばらしい国ですが。
    そしてだれかも書いていましたがとても無責任な左翼思想に近く私は少し辟易しました。
    政治や宗教に関して部外者は書くべきではないと思います。

    返信削除
    返信
    1. 日本愛国主義者2013年8月18日 15:19

      支持します。

      削除
    2. いいえ書くべきです

      削除
    3. ドイツはアベノミクスに批判的で、中国と仲がいいので、ドイツ人ロルちゃんを色眼鏡で見てるんだよ

      削除
    4. ドイツはアベノミクスに批判的で、中国と仲がいいので、ドイツ人ロルちゃんを色眼鏡で見てるんだよ

      削除
    5. 脳みそお花畑な方々がいろいろ書こうがまともな国民は流されないと思います。むしろ敵がはっきりしていいですね。

      ドイツにはギリシャとスペインを使ってユーロ安維持するのをやめろと言いたい。そしてそこでの儲けは国民のもとに行かず他国の資本家のもとへ…。左巻きの方々が大好きなザ・グローバリズムですね。

      削除
  4. 結局黄色人種の日本とEUの中の白人の国ドイツとではあまりにも国際環境が違い過ぎるという事ではなかろうか、日本は北にロシア、西に北朝鮮と友好国とは言い難い中国と韓国、そして遠い北東方向にアメリカとすぐ足元にアメリカ軍がいる。どうしても強硬な意見がドイツよりも出易い土壌はあると思います
    原発にしてもそうです、ドイツと違い陸続きではない日本は逃げる所も何もないこの島国で自己完結するしかなかったのです、ずっとそうでした
    今の日本はおおまかに言うと明治時代バンザイと戦後体制バンザイの2種類の人間が戦っている感じだと思いますね、勿論自民党は明治体制バンザイ側だと思いますが、あそこは保守ではなく守旧なんですね残念ながら…
    今後の日本の課題はしっかりとした野党を作る事だと前回の選挙の結果からは読み取れます、安易に共産党に入れてしまう現在の状況は日本人の失望感を具現化していると言えます

    返信削除
  5. 隣国がまともなら仲良くするよ…

    返信削除
    返信
    1. 日本愛国主義者2013年8月18日 15:21

      支持します。

      削除
  6. 今の日本(のネット)社会では、ロルちゃんの立ち位置でさえ、左翼的にうつるのかもね。

    返信削除
  7. ビスマルク2013年8月18日 4:10

    ロルちゃんの「自民党の「重点政策2012」に対してのエッセー」を読んでみました。

    感想として、ロルちゃんは左翼思想です。このエッセーを今の日本で発表したら「ドイツのロルちゃん」ではなく「左翼のロルちゃん」になってしまいます。

    このロルちゃんのエッセーを支持する日本人は少ないと思います。

    返信削除
    返信
    1. 日本愛国主義者2013年8月18日 15:22

      支持します。

      削除
    2. いいえネット右翼だけが支持していません

      削除
  8. このロルちゃんのエッセーを支持する日本人は少ないと思います。



    ^^^^^^^^^

    私も、激しく同感です。

    左翼思想のロルちゃんでしたね。

    ロルちゃんのファンも興ざめでしょう。

    返信削除
    返信
    1. ていうことは自民党の政策を指示する日本人が多いということ???
      そうであれば日本は本当に怖いです。

      削除
    2. 日本愛国主義者2013年8月18日 15:24

      支持します。

      削除
  9. 言っておきますが、ロルちゃんは、リベラルな人ですよ。ここで「リベラル」というのは、日本語で「保守かリベラルか」という場合のリベラルではなくて、本来の意味である自由主義的ということです。市場経済の枠組みを支持する立場ということです。それに、ロルちゃんは、ドイツ国内の政治に関しても、左派政党に対しては、冷ややかな目で見ていますよ。
    なのに、なんで左翼的なのですか?安倍政権を批判すると左翼なのですか? 原発に反対すると左翼なんですか?

    それと、ロルちゃんは、日本文化に関心をもち、日本を愛していますよ。こんなに見事に日本語を話し、日本人の友人がたくさんいて、日本社会に関心をもっているんです。日本に住んでいる生粋の日本人のなかで、ここまで日本社会に関心をもっている人っていますかね。
    中国や韓国を批判することが愛国的ですか? 日本を愛することが愛国的なのでしょう。

    おそらく、政治的に右か左かという問題が、いつのまにか、安倍政権を支持するか否かという問題に矮小化してしまっているのではないでしょうか。


    返信削除
    返信
    1. 同意です。
      同じ意見でも違う立場の人から見たら違って映ります。
      つまり、極右の人から見たら自分たちと少しでも異なると「左翼」のレッテルを貼りたくなるのでしょう。

      そもそもこの一連の記事のテーマは自民党の掲げる政策についてです。
      コメントの多くはその一部に過剰反応しているように見えます。
      そして結局自民党の掲げる政策について何か言っているコメントは
      わずかです。つまり、論点ずれてるでしょ。


      それと批判だけを述べるコメントの仕方にも問題があります。
      ここは賛成、ここはちがうんじゃないか、という意見であればまだしも。
      同意できない箇所だけ取り出して「左翼」レッテルを貼るというのはあまりに極端では?


      もしかしたら南京大虐殺を認める=左翼のように考えているのでしょうか?
      だったら日本人の多くは左翼ではないでしょうか?
      あるいはまったく政治にまったく無関心か。←これが大半かもしれません。


      だって多くの人はそう習ってきたし(私も学校でそう習ったし、試し斬りの写真などが教科書に載っていたと記憶します)それが常識として刷り込まれているから。
      それに日本軍がアジア諸国を欧米による殖民支配から解法した功績については
      学校で習った記憶はとんとありません。
      残留日本兵が現地でともに独立戦争を戦ったことなども。
      まったく必要のなかった原爆投下(しかも二度も!)がとんでもない非人道的無差別大量虐殺兼人体実験であるということも学校では教わりません。

      とにかく大東亜戦争=侵略戦争と刷り込まれてきたのです。


      私も近年やっとその刷り込みに疑問を持つようになりました。


      より中立的に言えば、両方の見解を学校では教え、議論させるべきなのですが、一方的な価値観を植え付けることに終始する日本の教育には重大な問題があります。歴史観だけでなくすべてにおいて一方的な価値観を植え付けることは教育ではなく洗脳です。

      自由な議論をさせない空気、これが一番の問題です。
      原発の問題も反対=左翼という極論が多いですね。

      また、議論の内容ではなく人格攻撃(レベルが云々、馬鹿、勉強不足、低能etc..)に走るコメントはやめてほしいですね。
      議論できないから人格攻撃に走るのでしょうか?

      ロルちゃんは人格を持った実在の一個人であり、
      面と向かっては決して言わないようなことをネットだからと平気で
      書いてしまう無神経さは慎んだ方がよいと思います。
      ここは2ちゃんねるではないのです。

      例えばロルちゃんの意見で認める部分を書いてもらえるとまだわかるのですが(仮に一切認められないというのであればそう書いてほしいですね)。

      私の意見は、ロルちゃんの意見におおむね同意です。

      ただし、従軍慰安婦、南京大虐殺など歴史観に関する部分については
      疑問が残る。南京大虐殺を例にとれば民間人の殺害がゼロであったとはさすがに思えず、そこそこあったと思いますが、少なくとも30万人虐殺は捏造である可能性が99.99%でしょう。

      削除
    2. 支持します。

      まあでもキチガイを書き込んでる連中はネットでしか書き込めないので。

      ネトウヨは実社会では意見を言えないサルどもですから。

      削除
  10. 何故、ロルちゃんの考え方は左翼的に感じるかと言えば「無責任な理想主義」
    だからだと思います。
    脱原発しかり。
    現実的ではないと思われます。
    そして無責任な理想主義を感じた方は怒りを覚えると思います。
    私も自民党の政策すべてが良いとは思っていません。
    中国や韓国とも共存していかなくてはならないでしょう。
    しかし何故、日本が軍国主義になるのを恐れているのかが疑問です。
    極右でさえいまさら侵略の考えを持っていないのに。
    今の日本には中国の侵略の脅威があります。
    これは紛れもない事実です。
    東南アジア諸国は中国に領土を奪われて、
    その次は日本で私達はそれに備えなければならない。

    返信削除
    返信
    1. 日本愛国主義者2013年8月18日 15:26

      支持します。

      削除
  11. うーん、、、
    無責任な理想を掲げているのは自民党と感じるし(他に適切な野党もないのだけど)、原発を推進、継続するのはあまりにも非現実的、無責任な理想論だと感じてしまう。
    しかも腐った電力会社、利権構造にメスを入れる気配もないまま。
    コスト計算をしたら原発ほど高くつくものはないのに。
    耐用年数がたかだか40年、それを越して運転して事故を引き起こし、収束の見通しもまったく立たず、これから何兆円かかるか分からない、というのに。永久に失われてしまった国土もあります。
    お金だけとっても絵空事と思うのは普通でしょう。

    そこはやはりどうしても理解できないところです。
    それが理解できない人間は日本人ではないということ?
    左翼ということ?

    上記について具体的な明確な解答、解決策というのを
    聞いたことがありません。
    あればぜひご教示ください。

    事故処理 今後数十年にわたり数兆~数十兆円
    失われた国土の分の経済的損失 数兆円~数百兆円?

    もう一度原発事故が起きたら、の計算もしてほしいです。
    再処理の問題もどうしたらよいのかわからないというのが今の状態。
    私たちはメディアにまんまと騙されてしまわずに自分でしっかり考えるべきです。

    総括原価方式というとんでもない制度の元の電力会社の独占状態を解消することでも電力コストは下がるでしょう。

    結局、原発でなければいけない理由を説得力を持って説明するには核武装という目的以外にはないというのが結論です。(アメリカの圧力はもちろんのことですが)

    返信削除
    返信
    1. >そこはやはりどうしても理解できないところです。
      それが理解できない人間は日本人ではないということ?
      左翼ということ?

      これは少し極論ですね。
      あなたの疑問も至極真っ当だと思います。
      サラリーマンなら。

      経営者は現実があります。
      社員の給料を払わなければなりません。
      もしあなたの言われている試算を多くの人がそう思っているのなら
      是非料金を値下げしてくださいとお願いしたいです。


      私達日本は資源がありません。
      多くを生産で賄っています。
      それには膨大な電力を必要としています。
      経営者はそれに伴い多額の料金を払っています。
      今、稼働している原発は1基のみで、電気料金はさらに上がって
      大部分の大中小企業はリストラ及び極限の経費削減でたいへんなのです。

      もしこれから原発全停止になれば生産業はお手上げになり
      あなた達は職を失う可能性が高くなります。
      そしてこれから新たな電力が生まれるまで給料は半減近くなるでしょう。
      そしたら犯罪も増えます。
      原発賛成の方たちも本来はない方が良いと思っていますが
      今は現実的ではないのです。

      そして中国の脅威は間違いなくあります。
      これは話し合いで解決できる相手ではありません。
      隣国がこのような国ばかりの日本において
      核武装はやむ得ないような気がします。
      説明不足かもしれませんが私はあなたを全否定しているわけ
      ではありませんので。

      削除
    2. 電気料金は電力会社が決めていることで彼らのやりたい放題という現状を変えないことには意味がないですよね。
      コスト計算にしても計算の元データがちがっていたらどうにもならない。
      政府も電力会社も原子力関連の組織もどうにも信用ならないことが分かってしまった以上、彼らの算出したコスト計算は信用できないのです。
      結局電気料金を値上げして肥え太るのは電力会社とその利権にしゃぶりつく連中であり、すべてが信じられないというのが正直なところです。
      まったくアンフェアです。
      原発以前にそこを変えないと何をやっても意味がない。
      我々は選択の機会もなく彼らに貢ぐしかないのです。
      すべてフェアにしたら、原発はとうてい継続できないから彼ら原発マフィアは何が何でも死守しようと必死にあがいているのです。

      削除
    3. 別に原発が残っても構いませんが消費者が電力会社を選べるようにしてくれればよいと思っています。フェアに競争させればよいのです。
      もちろん、国が原発だけを優遇して補助金、参入規制などをしないことが大前提ですが。

      これまでの経緯からして嘘つきで私たちはだまされ続けてきたことがはっきりしている電力会社と原発関連組織に国家のエネルギーを託す、そして我々が嘘つき会社の言いなりに高い電気料金を払わなくてはいけない仕組みがこの先も続くことは耐え難い屈辱であり、到底受け入れられることではありません。

      これはごく普通の当たり前の感覚だと思うのですが、私だけがずれているのだろうかと最近はなはだ疑問に感じています。

      これが他の商品だったらどうでしょう?
      あなたは常にA社のコメを買って食べ続けなければいけない。
      A社は偽装表示、残留農薬、ポストハーベストなど悪名高く消費者の信頼は地に落ちているが、他に選択の余地は与えられない。
      別にコメでなくてもなんの商品でもよいです。
      医者でも良いです。
      あなたはヤブ医者で詐欺師と噂される院長の経営するA病院以外で診療を受けてはいけない。隣り町には名医で名高いお医者様がいたとしても。
      これを黙って受け入れる人はいないでしょう。

      フェアにしてほしい、その一点です。
      資本主義社会なら、当然のことです。
      競争を排除している今のシステムがおかしいのです。

      削除
  12. 現代日本を理解する上で、最も重要な秘密にされていることは

    日本は安全保障の面では、自由な独立国ではない・・・ということです。

    原発問題も、中韓の問題も、大本の原因は、アメリカの日本支配です・・・。。。




    日本のおかれている安全保障の状況は、ドイツよりはるかに厳しく、過酷です。

    日本は自由な民主国ではありません。残念なことですが、独立国ではないのです。

    返信削除
    返信
    1. たしかロルちゃんもそれはビデオで語っていた気がします。
      いや、安全保障の面だけでなくすべての面で米国に支配されています。
      そして安倍自民は対米隷属をさらに加速させてしまいます。

      削除
    2. これは、単なる対米従属ではありません。


      世界平和のため、米軍をアジアと太平洋から駆逐すること、中共を排除すること、朝鮮半島を安定化させること・・・・これは単純な発想による戦略ではありません。


      大変な、だましあいの、大戦略が必要でしょう

      削除
  13. 政治は難しくてわかんないので読んでなかったけど、いや~、ロルちゃん、叩かれて(?)ますね~...
    でもこの人たちはロルちゃんがのことをよく知らない人たちで、ブログだけ読んだ人たちのようですね。
    中には2013年8月18日 10:55の匿名さんのようにロルちゃんが日本ファンであることをよく知っている人もいるので少し安心しましたが... でもこのテーマはちょっとデリケートで、ロルちゃんのことを良く知らない人がこのブログだけ読めば確かにこれらのコメントが出てもおかしくない気がします。だいたい(私も含めて)匿名の人のコメントなどはあまり気にしなくてもいいのでは?

    返信削除
    返信
    1. 私もそう思います。

      面と向かって話すのが一番。

      削除
  14. ヨーロッパでの民主主義の歴史の方が日本より永いからであろうか...
    幕末の頃に日本に来た異人さんで、当時の日本で民に主を置いた主義にびっくりしている人が結構います。

    パンフレットの写真での顔肌は結構綺麗で、58歳にしてはつるつるしているような印象を受けさせる。僕にとって、これも投票者への誤魔化しである...
    写真写りの悪い写真をわざわざ出す人はあまりいないと思います。

    返信削除
    返信
    1. 安倍は妻との仲が悪く、顔もやつれています。

      シワも増えてるし、顎の肉がタプタプで重力に負けています。

      Photoshop補正が掛かっていますね。

      削除
  15. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除
  16. ロルちゃんって、右翼かと思ってた。
    日本のこと褒め過ぎるし、X国のこと悪く言うし...

    返信削除
    返信
    1. 単純だねあなた

      削除

  17. The Second Sino-Japanese War was an attempt by the liberal democratic Imperial Japan to protect Asia from the menace of Russian communism.

    The reason why then Japan was liberal and democratic was that there were Japanese parliamentary system and general election system already in 1925.

     War of liberation against Western colonialism was a secondary banner raised when Japan was forced to neutralize American and British disturbance on this War.

    What ensued when Japan was defeated?

    East Asia inundated by communism, and the collapse of Western colonialism.

    Who won the Second Sino-Japanese/Pacific War?

    You guys, please study more and answer this question.

    返信削除
  18. ロルせんせい、うちのカーチャンもルックスで投票したりする大馬鹿者です(笑)。
    本当、私はカーチャンから投票権剥奪したほうがいいと思ったこともあります(笑)。
    まあ、さすがに最近はいろいろ物を考えるようにはなってきてるようですが。。。

    返信削除
    返信
    1. 実際にはそんなところがホント(大多数)だと思います。つまりホントは選挙の仕組みから見直さなければいけないと思うのです。今の日本を憂い、それでも今の状態は必ず変わるといっている多くの見識者も、その理想像までは述べてはいませんが...

      削除
  19. 日本人は空気(Stimmung)に弱い。小泉さんのようなペテン師に簡単に引っかかる。その反動(弱者切捨て的な、アメリカ的市場原理主義、および、ニュースが欲しいマスコミのプロパガンダ)で民主党政権が生まれたはずだが、おそらく、日本人はその自覚がない。
    民主党は無能だったし、左翼ならではの「内ゲバ」を繰り返して自滅した。(そういえば「内部ゲバルト」のゲバルトとか、マルクス主義ってのはドイツがルーツ。それらが日本で亡霊として(いや生霊というか生身で)生きていることに対して、ドイツ人のロルちゃんがどう感じるか、興味深い。)
    それはさておき、安倍さんを基本的には支持するが、ロルちゃんが懸念することも日本人は考えておく必要がある。
    麻生さんが憲法がらみでナチスに関する意味不明(「ナチスの轍を踏むな」なのか、「ナチスを真似しろ」なのか)な発言をしていたが、麻生さんの「憲法は、ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていたんですよ。」ということは、我々は肝に銘じておかねばならない。
    安倍さんを信頼するが、将来、安倍さんが思っていたことと違う方向に行くことも十分ありうる。そこは十分注意する必要がある。
    20年位前、朝日新聞で自決した右翼の野村秋介は「今、ヒトラーが現れたら躊躇なく殺すと」と言っていた。保守派だからといって、安倍さんだから全て支持ではなく、将来ヒトラーの亡霊が現れないか、十分注意する必要があろう。(日本人は小泉や民主党を支持したからこそ、心配に感じる。)
    とにかく、アメリカの属国として、アメリカの利益(米英+仏の利権?)のためだけに日本が巻き込まれないようにして欲しい。ドイツ的スタンス(+したたかさ・・・世界第三位の武器輸出大国)を持ち合わせられれば良いと思う。

    返信削除
  20. 安倍自民を支持しているのは既得権益層のマスコミ経済界とネット右翼だけだと思っていたのだが庶民レベルでも支持されているのか。
    びっくりした。
    アメリカにすべてを売り渡すのが彼らの使命なのだと理解しているが、、、

    返信削除
  21. ↑訂正。
    売り渡すのでなくて頼み込んで莫大なお金を払ってまで差し出すのでした。
    日本人のことは頭になく、アメリカのご機嫌伺いに必死。
    クビにされたくないからご主人様が誰かをよく心得ている。
    日本人相手の公約は破るためにある。
    衆議院選挙の時の自民の公約、TPP断固反対。
    いまやなりふりかまわずお願いしてまでもTPP参加しようとしている。
    骨の髄まで属国根性です。
    アメリカが白といえば白、黒といえば黒。
    日本はシリアに対するアメリカの侵略戦争に加担するのだろうか?
    安倍自民ならおそらくイエス。喜んでお供します。
    こんなことしてたら日本はテロの標的になること請け合いですね。
    それに対してあまりに無防備だから怖すぎる。

    返信削除
  22. 日本は日本でなくなる、などと仰っているが、GHQ日本国憲法という不平等条約を押し付けられた現状こそ、これまで続いた伝統的な日本ではないのです。戦後レジームの脱却こそ今、日本人がなすべきことではないのですか?WGIPに洗脳されたドイツ人然り。
    ここで自民はアメポチだと批判している方々は安全保障上アメリカに頼らざるを得ない現状を把握しているのでしょうか?それにもかかわらず憲法改正を批判している人、とくに9条改正に反対する方々は自分の意見が矛盾していることに早く気付いた方がいいですよ。

    返信削除