目標達成は簡単そうだからではなく、難しいからこそ追求しよう! 大失敗を恐れない者だけが、偉大な事を成し遂げる。

2018年4月29日日曜日

ビール!


むか~し昔(前世紀)、幼いロルちゃんがまだ日本に住んでいたバブル時代に、次の物価の比較をよく人に教えてあげた。換算すれば、日本のビールの値段はドイツのビールの値段よりも6倍も高い!!但し、それは今となって2.5~3倍に縮んだ。それはなぜか。


その一つ、日本ではバブルが弾けた。二つ、そのせいで経済停滞が始まった。三つ、他の先進国で戦後にはもう経験しなかったデフレが行進した。
ドイツのここ30年の進展はかなり違う。日本ではバブルが弾けたあの年、1990年にはドイツ再統一が行われた。2002年にはユーロが導入された。そして、30年の通常の毎年の2%前後のインフレもあった。最後に、経済はかなり発達しており、数年も前から何よりも好景気(3~4年前から国家黒字も!!!)。結果的に言えば、ここ30年には、物価も給料体制もみんな倍になった。
それを裏付ける為に昨日買い物中に添付の写真を撮った。

僕が良く飲んでいる故郷のビール、Früh社の「Kölsch」(ケルシュ)が看板に出ている。色々書いてあることを纏めよう。一箱には0.5リットルのビールは20本入っている、全部で10リットル。その価格(14.99)を四捨五入して15ユーロとなる。15ユーロは今大体2000円。つまり、一リットル当たり200円となる。日本のコンビニやスーパーで(少なくとも僕から見れば)主流になっている500ミリの単位に更にまた換算したら、ドイツでは500ミリのケルシュのビールはなんと100円しかいしないことになる。確かに、日本のコンビニの500ミリの僕の大好物の「アサヒスーパードラ~~~イ」は280円ですよね?ほら、未だに2.8倍じゃないですか・・・。
もっとも皆さんを羨ましがらせる為に付け加えよう。写真のケルシュの右隣に、同じ量のビールを含んでいる、それよりもまた安く(半額近くまで)売っているビールもある!ビール飲みたければ、ドイツへいらっしゃい!ところで、よく世の中にある偏見や噂(ドイツではビールの方が水より安い)を無くす為に言うが、いいミネラルウォーターはまだまだ更に安い。
日本に行く度にそれだけは残念どすなぁ・・・。ドイツと比べれば、寿司は天国的に美味しくて、安く食べられるのに、ビールはあんなに高い。
ドイツ人は泣いちゃうぞ!

1 件のコメント:

  1. イギリスの大手経済誌エコノミストが2050年の予測を出しており、アメリカのGNPが100とすれば韓国が108、日本が58になっていると結論付けていますが、何を根拠に言っているのでしょうか?
    日本と韓国は同じ超少子高齢化に直面しているのに、こんな結論が出せるというのは日本の財閥、富裕層の崩壊を意味してるんでしょうけど。政治家も全く気付いていないのが致命的なんじゃないでしょうか?彼らもどん底に落ちる運命なのに。

    もう日本はデフレのお陰でマレーシア、インドネシアの観光客も遊びやすい国になっています。

    返信削除